集中力

 

-----------------------------(ここは直接本題に関係ありません)---------------------------------

レッスンに行った。一曲最初にスタンダードを演奏したら、「できるじゃん。何を教えればいいの」って聞かれた。

迷って最近のミュージシャンの曲ができるようになりたい的な話になった。

すると、難しいチェンジをいかに難しくなさそうに演奏するかが今の演奏の主流だよねと。

そこからはマルチトニックの某曲を練習。最初は単純に

①|Bmaj7|Gmaj7|Bmaj7..cont 

②|Gmaj7|Ebmaj7|Gmaj7..cont

③|Bmaj7|Gmaj7|Ebmaj7|

の上である一定のパターンをなるべく自然につなぐ。)

------------------------------------    -(余談・終)--------------------------------------------------

 

難しいパターンを演奏する時などはある程度時間がたつと頭がこんがらがりミスがでてくる。

曰く、これは集中力の限界らしい。集中力を持続できる時間は演奏中でも限られている。休むスペースが必要だと。

頭をフル回転させる部分と頭をつかわなくてもできる部分があっても良いし、それは効率的だと。

今まで意識したことない観点だった。

 

( 一方で簡単なものを複雑にするのは昔から必要な技術。)