2016年印象に残ったアルバム

 

2016年の間に新しく聴いたアルバムは100枚以上あるはず。

でも、一部始終をちゃんと聴けてるわけじゃないし、印象に残ってるのって一部なのよね。。。

その中でも特に印象に残ったものをいくつかピックアップします。

 

 

◇Aaron Parks - Invisible Cinema

f:id:osakanasann:20170102021145j:plain

 

・Release - 2008 ・G - Mike Moreno

・B - Matt Penman・Ds - Eric Harland

アーロンパークスに良くお世話になった年だった。リーダーのshadows等はもちろん、マットペンマンのcatch of the day、ウィルビンソンのsmalls等サイドマンの時も全部たくさん聴きました。

 

◆Gilad Hekselman - Words Unspoken

f:id:osakanasann:20170102021218j:plain

Release - 2008 B – Joe Martin 

Ds – Marcus Gilmore Ts – Joel Frahm

ギターも良く聴いた。ジョナサンもラーゲも良く聴いたのだが、今年買って印象に残っているのはこれかな。

 

◇Reinier Baas - More Socially Relevant Jazz Music

f:id:osakanasann:20170102021237j:plain

Release - 2011 AsBen Van Gelder, Maarten Hogenhuis

 

◆Will Vinson - Perfectly Out Of World

f:id:osakanasann:20170102021325j:plain

Release - 2016 Pf - Gonzalo Rubalcaba B - Matt Penman

Ds - Jeff Ballard G - Mike Moreno Vo - Jo Lawry

Per - Jamey Haddad  Strings - The Mivos Quartet

今年発売。この人アレンジをたまに他の人に提供していたりするので、さすがにストリングスをつかった曲もかっこいい。

4年前くらいに彼を聴いたときは意味わからんと思ったのだが、一転、音色、フレーズ、作曲、ここ二年でもっとも好きなアルト奏者。

 

 

◇Walter Smith Ⅲ - Still Casual

f:id:osakanasann:20170102021339j:plain

Release -2014 Pf - Taylor Eigsti G - Matthew Stevens

B - Harish Raghavan Ds - Kendrick Scott Tp - Ambrose Akinmusire

友人が去年からすごく推していたので気になっていた。見ただけで「はいはい、かっこいいだろうね」という感じの旬なメンバー。ドラムのドコドコが気になる面はあるが、曲も演奏も基本的にすばらしい。ちなみに三世のフレージングはあまりマネしたいとは思わない。

 

Miles Davis - At Plugged Nickel

f:id:osakanasann:20170102021401j:plain

Release - 1976 Ts - Wayne Shorter 

Pf - Herbie Hancock B - Ron Carter Ds-Tony Williams 

いわゆる黄金クインテット。文句なしにかっこいい。今更買ったのかという感じだけど、ハービーのアイディアのすごさに驚かされた。

 

◇Ben Van Gelder - Among Verticals

f:id:osakanasann:20170102021434j:plain

Release - 2016 AsBen Van Gelder B – Rick Rosato

最近出た気持ち悪くて気持ち良いアルバム。ちゃんと聴く余裕がないので、意味ないなと思いながらなんにも考えないで聴いている。

 

◆David Binney -  Barefooted Town

f:id:osakanasann:20170102023534j:plain

Release - 2011 Tp - Ambrose Akinmusire
Ts - Mark Turner Pf - David Virelles
B - Eivind Opsvik Ds - Dan Weiss

現在55才のNYアンダーグラウンドアルトおじさんのアルバム。ミゲルゼノン(40才)等に比べ、マニアックなかっこよさがある。いろんな曲を書けるしできるのだが、その中で一本筋が通った演奏が好き。

 

 

こう見ていくと、2016年発売アルバムがあんまりない。2016年ではメルドーの新譜やジョシュアとメルドーのデュオとか買って聴いてるんだけど、期待通り(素晴らしい)といった感じだった。あと、トムハレルとグラスパーはまだ買ってから聞けてない。

 

 

セッション雑感


今更先週参加したセッションを振り返る。


一日目については、いろんな人がいて自分の演奏がひっぱられるかなと思ったけど、そうでもなかった。というかそんなに器用じゃなかった。
一緒にやってる人達にくらべて自分の完成度低いなと思った。余計な事にトライしてるということもあるんだけど。



二日目については、なかなか思い通りにいかなかった。演奏中にいろいろトライして全部裏目に出た感じだった。いろいろトライすると、うまくハマってたなというときとそうでないときがある(頭に思い浮かんだことが楽器で実現できないということとはまた別の話)。ハマる確率を高めていきたい。
milestones(Old)とmoment's noticeだけちょっと録音してみたけど、思ってたほど悪くはなかった。でも久しぶりにやった循環が一番楽しかったかな。



www.youtube.com

Eronel

Joel Frahm - Eronel(T.Monk)

随時更新予定。ベースラインはてきとうです。

三連符、二拍三連の自由自在感とアウトの感覚がすごいなあ。 

 

www.noteflight.com

Celia

最近何もやる気がでない。

こういうときは好きなテーマを練習するくらいしかできない。Celiaを練習した。


Celiaは最も好きな曲のひとつだ。好きすぎてやろうと思ったことがない。変にアウトしたり崩して良い演奏になる曲でもないと思う。こういう曲こそボイスリーディングが重要なのだろうか。

珍しい人たちがやってた。
https://youtu.be/GoFaJeAYV50

久しぶりに練習・録音


一週間ぶりに楽器を吹いた。
時間無く、ロングトーンを五分だけして一曲久しぶりに録音して練習を終えた。久しぶりに吹くと特に課題のアクセントがさらにだめになる。
あと改めて聴くと、その音をそのコードで吹いたらどういうサウンドになるかが想像ついてないまま弾いてるなと思う箇所がまだまだあるな。

howdeepisoceanさんにもらったマイナスワンをバックにしたら、ゆっくりで楽しかった。ひとつひとつのコードの響きを確かめながら弾ける。



Listen to four by osakanasann #np on #SoundCloud
https://soundcloud.com/user-441770814/four

演奏会雑感


みんな全体的に上手くなっていたので聴き甲斐があった。

●Hくんバンドはかなり安定感があった。頼もしい演奏だ。あと一曲やりなさい。
・Hくんは相変わらず良く楽器を鳴らせていた。
・あと、迷いのないのが彼の良いところだ。僕は迷ってばかりの演奏になる。
・それから趣味が基本的に昔とかわってないのがおもしろい。僕はかなり変遷があるので。



●Yくんのバンドはとても良かった。Sくんもかなり良くなっていたし。
・how long has this been going on?はコピーだとしてもとても余裕たっぷりにテーマを弾けていた。二年目にしてはかなり高いレベルだったのではないだろうか。
・let's cool oneについては、AA'BAのBの位置がたまにずれちゃってたのが惜しかった。どうしたら間違えないのかと言われるとむずかしい(僕はあんまり間違えたことがない気がする)。これについては、(誰が間違えたにせよ)基本的にソリストが気づくのが一番手っ取り早いと思う。気付いたらあとは、テーマを吹いたり、特定の進行を強調するとかして脱出を図れば良い。
コピー主体のソロだと気づくのがむずかしいかもしれないけど、普段からリズム隊を確り聴く意識を今からしていけば良いと思う。コピーしたソロもベードラありきでそのソロなわけだからね。



●自分の参加したセッションの手応えは微妙だった。久しぶりだったし。
・ブルースだけは一瞬良い感じに歌えている感じになれたが一瞬だった。休符もアウトも含めて頭の中で流れてるものをそのまま再現できる感覚がここ1年くらいでやっとときどきでてくるようになった。頭の中にあるものを再現して良いんだという気持ちになれたともいえる。それが世間一般的に良い結果に繋がってるのかはわからないが。
・まわりを聴こうとさっき散々書いたけど、メンバーが大勢いると僕も強引になりがちだ。でも、たくさんの人の前で皆と演奏できたのは嬉しかった。たまに人前で演奏する機会があれば良いのにと思う。だが、どんな形で誰に聴かせたいかと考えると、やはりセッションで良いかなという結論になる。